スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲキ・ガンガー事件

ヴァルストーク/カズマの部屋
始『知りませんよ。本当に僕は何も知らないんです』
剣崎『じゃあ言うぞ!天音ちゃんにお前がライダーだって! そして何度も俺と戦っていると!』
始『そんなこと言ってみろ…オレァクサマヲムッコロス(俺は貴様をぶっ殺す)!! 』
剣崎『………!』

カズマ「連合宇宙暦101年 3月20日 航海日誌…
アキさんを初めとする女性テッカマンとミリーがプリキュア5に変身した『プリキュア事件』から5日が経ち何者かに細工されたアキさん達のテックシステムは一応元通りになった。
なぜ一応なのかというと、雷牙博士曰く、テックシステムに仕組まれたプリキュアへの変身能力は無理に消そうとするとテッカマンへの変身能力まで失われてしまう様に細工されていた様で、
その為かアキさん達は事実上テッカマンとプリキュアのどちらかを選んで変身する事が可能となったのだ。
そして、前からプリキュアが大好きでプリキュアの姿も気に入っているミユキさんとは対照的にアキさんはプリキュアには変身したくない様だ。
もっとも、俺自身やミヒロもアキさんのプリキュア姿は正直似合っていないなと思っていたのでアキさんの判断は賢明だと思う。
それと、ミユキさんと言えば俺は昨日の夕食の時ミユキさんから突然「明日お買い物に行きませんか」と誘われた。ミユキさんが何故に俺を誘ったのかは不明だが、ミユキさんと一緒に買い物に行ったところで俺が荷物持ちをさせられる事は目に見えていたのだが、
俺自身女性からの誘いといえばノインさんとマオさんの地獄の特訓ぐらいしか受けたことがないので快く承諾した。
アキさん達のテックシステムに細工をした奴の事も気になるが、今はミユキさんとの買い物のことが先決だ。今日はミユキさんに嫌われないよう、俺は気を引き締めるつもりだ……と。」

アリア「…………」
カズマ「どうしたんだよ、アリア? そんな不機嫌そうな顔をしてよ………」
アリア「…………別に」
カズマ「ははーん、もしかしてお前、ミユキさんに嫉妬してんだろ? 今日俺がミユキさんと一緒に買い物に行くからさ………」
アリア「な、な、な、な………何言ってんのよ馬鹿カズマ!! そ、そ、そんな訳ないでしょ!!!(赤面)」
カズマ(へへっ… どうやら図星だったみたいだな。 でも、こんなところをレギュレイトが見ていたら怒られそうだよな………)

と、その時カズマの携帯電話が鳴る

アリア「カズマ、携帯が鳴ってるわよ。」
カズマ「誰からなんだ? もしもし?」
Dボゥイ「カズマ! 急に悪いがナデシコCに来てくれないか!?」
カズマ「で、Dボゥイさん!? ど、どうしたんスか!? 切羽詰った声をして………」
Dボゥイ「それはナデシコCの格納庫で話す。……と、とにかく来てくれ!」
Dボゥイからの電話が切れる。
カズマ「いったいナデシコCで何が起きたんだ? ともかく、行こうぜ、アリア!」
アリア「うん!」

ナデシコC/格納庫
ミユキ「あ…カズマさん! それにアリアさんも来たんですね。」
Dボゥイ「よく来てくれたな、カズマ。それにアリアも」
カズマ「Dボゥイさん、ミユキさん、いったい何があったんスか?」
Dボゥイ「それはあっちに行けばわかる。……ミユキ、カズマ達を向こうに案内するぞ」
ミユキ「わかったわ、お兄ちゃん」
問題の場所へと向かうDボゥイとミユキ

アリア「……………」
カズマ「ホラ、むくれてないであっちに行くぞ、アリア」
アリア「わ、わかってるわよ…馬鹿カズマ!」
カズマ(やれやれ………素直じゃねえの)

で、問題の場所では………

アリア「え、ええーーーっ!?」
カズマ「じょ、冗談だろ………ガイさんのエステがゲキ・ガンガーそのものになってら………」
アリア「しかも、サイズまでエステと全然違うじゃない……」
カズマ「ああ……Dボゥイさん、こりゃどういうことなんスか?」
Dボゥイ「ああ……早朝から格納庫でウリバタケの叫び声が聞こえたから、気になってミユキと一緒に格納庫へ行ってみたらガイのエステバリスがこうなっていたんだ」
ミユキ「それで、お兄ちゃんと一緒にウリバタケさんにガイさんのエステバリスに何をしたのか聞いたんですけど……ウリバタケさんは身に覚えが無いって言っていたんです」
アリア「………本当なの、ウリバタケさん?」
ウリバタケ「当たり前だ! プリキュア事件時にヤマダの奴にエステを完全にゲキ・ガンガーにしろと言われたが、見た目や中身はともかく、サイズまでゲキ・ガンガーにする技術なんざ俺は持ってねえよ!!」
ミユキ「わ、わかりましたから落ち着いてください、ウリバタケさん………」
アリア「カズマ…じゃあ…これって………」
カズマ「ああ……これはきっと5日前にミユキさん達のテックシステムに細工をした奴の仕業かもな………」
Dボゥイ「何だって!? 本当なのか、カズマ?」
カズマ「あ、べ…別にそんな気がしただけっスよ。 特に確証はないけど………」

と、そこに………

ユミ「あれ? Dさんにミユキさん、こんな所で何をし………って、ええーーーーーっ!?」
ハヤト「な、なんでこんなところに、げ、ゲキ・ガンガーが!?」
カズマ「ユミ! それにハヤトも!!」
ハヤト「か、カズマ君……こ、これは……いったいどういう事なんだ??」
カズマ「実は………(かくかくしかじか………)ってなワケだ。」
ハヤト「ぷ、プリキュア事件の次はガイさんのエステバリスが!? さ、最近のノイ・ヴェルターはどうなっているんだ………!?」
カズマ「俺にもわかんねえっての! ともかく、プリキュア事件も今回の事件も同一犯の仕業って気がしているけどな………」
ユミ「ど、同一犯!? じゃあ……あたし達のテックシステムもウリバタケさんが………」
ウリバタケ「違ーーーーうっ!! エステをゲキ・ガンガーそのものにしたり、テックシステムに細工をしてお前らをプリキュアにする事など俺に出来るかっての!!」
ユミ「ええっ!? す、す…すいませんウリバタケさん!!」
ハヤト「ゆ、ユミちゃん……君って…………」
ミユキ「でも、ユミさん、あなたはハヤトさんと一緒に格納庫で何をしていたの?」
ユミ「え? あたし達ですか? あたし達は昨日ダービットさんに頼まれていたβ号のコミュニケーションバーの修理をしていたんです。」
ハヤト「それで、大方の修理が終わって食堂で何か食べようかなと思っていたらミユキさん達を見つけて……気になって来たんです。」
Dボゥイ(要は野次馬と言うわけか…………)

と、そこにガイがやって来る

ガイ「おいおい、何だぁ? この騒ぎは………って………おおおっ!?」
カズマ「ガイさん!」
ガイ「お、俺のエステが……本物のゲキ・ガンガーに…………… ウリバタケ! やったのはお前か!?」
ウリバタケ「だーっ! だから、違うっつてんだろ!!」
ガイ「じゃあ、誰がやって………いや、んなことはどうでもいい…………………」
ミユキ「あ、あの……ガイさん?」
ガイ「…………うぉぉぉぉぉおおおっ!!! 遂に……遂にこの日が来たかぁぁぁぁぁぁ!!!」
ミユキ「きゃあっ!?」
Dボゥイ「ど、どうしたガイ!?」
ガイ「俺が…この俺が………夢にまで見た…本物の……本物のゲキ・ガンガーを操縦する事が出来る日がぁぁぁぁぁ!!!!」
カズマ「が、ガイさん! 嬉しいのはわかるけど、頼むから落ち着いてく………」
ガイ「うぉぉおおおおおおおっ!! 男ダイゴウジ・ガイ!! 生きててよかったぜぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」
ユミ「が、ガイさんが余りの嬉しさに壊れちゃったああああっ!!」
カズマ「プリキュア事件の次はガイさんのエステがゲキ・ガンガーに………いったい誰の仕業なんだ……?」

そして、彼らの物陰では………

シホミ「ふふ…… どうやら喜んでくれたみたいですね。」
レギュレイト「ええ、彼の夢を叶えるために毎日彼の部屋にあるゲキ・ガンガーの本やDVDを片っ端から繰り返し見てゲキ・ガンガーを記録した甲斐がありました。」
シホミ「ところで、レギュレイトさん………」
レギュレイト「はい?」
シホミ「一体どうやってガイさんのエステバリスを見た目や中身だけでなくサイズまでゲキ・ガンガーそのものにしたのですか? それがどうしても気になって………」
レギュレイト「さすがにそれは内緒です」

おわり

 あとがき

 ようやくノイ・ヴェルターの爽快かつ愉快な日々の第2話をアップする事ができましたが、以前書いた「yes! テッカマン5」と同様、mixiの日記で書いた同名のSSとほぼ同じで、mixiの時よりも色々と手を加えてみました(ミユキに嫉妬するアリアなど……)。また、今回カズマが見ているのは前回と同様仮面ライダー剣(ブレイド)第6話 「カリスの正体」です。

 ちなみに、キャラのセリフはJやW本編で他のキャラが喋ったセリフのパロディを随所に入れています(ハヤト君の「な、なんでこんなところに、げ、ゲキ・ガンガーが!?」はJでのボン太くんと戦った時の連合軍兵士のセリフが、ミユキの「わ、わかりましたから落ち着いてください、ウリバタケさん………」はW第13話での黄金のセリフが、ユミの「が、ガイさんが余りの嬉しさに壊れちゃったああああっ!!」はW第24話でのミヒロちんのセリフがそれぞれ元ネタになっています)。

 次回書くSSではお花見ネタを持っていこうかなと思っていますね(5月なのに、何でお花見なのという突っ込みは無用でお願いします 苦笑)。
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。